女性のひげで目立つのは鼻の下

女性のひげで目立つのは鼻の下

女性の鼻の下のひげって一番目立つのは気付いていましたか?
なぜなら、顔であり、顔のほぼ中心だし、女性にひげがまさか生えているなんて思ってもいない男性は、女性の鼻の下のひげにびっくりするのです。
とても引いてしまい、ひげならひげで、処理したらいいのになどと、自分の彼女でも妻でもない女性でも思うそうなのです。

 

つまり、働く女性は、いくら薄いとはいえ、鼻の下のひげはちゃんと処理しておかないと印象が悪くなります。
イコール仕事ができない、私生活が乱れている、不潔感があるなどと勝手に思われてしまう可能性があります。

 

今からでも遅くはありません。まずは自分で鼻の下のひげがあるかどうか確認しましょう。その上で、どういう対策、処理法があるのかを身に着ければいいのです。
女性はいくらでも変われます。費用をかければ女優のように綺麗に成型することだってできるのですから、鼻の下のひげぐらいで落ち込まないようにしましょう。

 

そもそも女性なのにひげが生えるのはなぜでしょうか?
ひとつは、男性ホルモンの過剰分泌です。

 

女性にも男性ホルモンはもともと備わっていますが、通常、女性は男性に比べて10分の1から20分の1しかありません。
なのに、男性ホルモンが過剰になると、ひげが濃くなります。

 

特に顔の場合は、口周りや顎、鼻下の毛がその影響を受けやすいのです。
つまり、ホルモンバランスの崩れなのですが、男女ホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーの乱れや皮脂の過剰分泌も起こし、毛穴も大きくしてしまうそうです。
では、なぜ男性ホルモンが過剰分泌されるようなアンバランスが発生するのでしょうか?
それは、過度のストレス、ダイエット、偏食などです。なんだか生活習慣病に似ていませんか?

 

体はストレスを受けると、抗ストレスホルモンを分泌します。
抗ストレスホルモンを作るために、男性ホルモンが刺激されます。

 

それが続くことで、ホルモンバランスが乱れます。
睡眠不足、運動不足、そして食生活の乱れは、男性ホルモンの過剰分泌につながります。
充分な睡眠がとれていないと、アドレナリンが分泌される時間が伸びていき、同時に男性ホルモンも刺激され続けます。

 

日常的に運動することが少ない人は、筋肉が硬くなりやすく、緊張状態が続きます。緊張状態は、交感神経を刺激し、男性ホルモンを分泌し続けることになります。
また、極端な偏食やダイエットによる食生活の乱れも、ホルモンバランスの乱れを招きます。

 

また、揚げ物や甘いものなど、油分と糖分の摂りすぎも、男性ホルモンを刺激します。健康的な生活習慣を心掛けることが、実はひげ解消の早道と言えるのです。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?