顔の産毛脱毛処理を自宅で素早くするには

顔の産毛脱毛処理を自宅で素早くするには

顔の産毛脱毛処理を自宅で素早くするには、一気に顔の産毛を抜ける脱毛テープや、除毛クリームなどがあります。これなら、時間がなくても自宅で一気に剥がして毛を抜くことが可能です。そしてローラー脱毛もあります。これはローラーと言われる部分にコイルがついていて、それに顔の産毛がからまって素早く処理できますので、自宅でテレビをみながらコロコロできます。

 

でも上記の自宅でできる顔の産毛脱毛は痛いのと、お肌によくないものばかりですので、自宅で顔の産毛を処理するなら、脱毛ではなく剃るようにしましょう。顔剃りなら「フェリエ」など、顔のお肌に優しい顔剃りが可能です。

 

上記方法なら、顔の肌が荒れるリスクはかなり低くなります。むしろ、顔の産毛処理メリットが出てきます。まずは顔の産毛がなくなるわけですから、顔の色が明るくなります。そして、お化粧のノリがよくなります。これは、顔の産毛処理をした女性なら誰しも気付いていることかも知れませんね。

 

さらに、意外なことに、ニキビ肌が改善されるというのです。もちろん顔の産毛処理をすることは、すくなからずお肌を傷めることにはなりますが、それ以上に、顔の産毛処理によって、毛穴が詰まりにくくなります。そして、ニキビ予防になるということです。

 

顔の産毛処理頻度は、絶対毎日ではありません。それは男性のひげです。少なくとも2〜3週間はあけるようにしましょう。顔の産毛の生え変わりはたいだい20日、3週間と言われていますので、そのぐらいでちょうどなのです。

 

最後に顔の産毛を処理することで濃くなると思い込んでいる人、そうなったという人がいると思いますが、それはありません。毛の太さが太くなることも、本数が多くなることもないのです。

 

濃くなったと目の錯覚があるかもしれませんが、それは、一度剃った毛の肌に近い一番太い部分が上に上がってきて、それまで先の細い産毛が太くなったと思うのです。だから、顔の産毛処理をしても、濃くなるというのは本当ではありません。

 

また、顔の産毛処理で注意することは、処理後にたっぷりと保湿してあげることです。これは、カミソリでも、電気シェーバーでも同じですが、お肌のダメージを考えると、傷ついたところからの水分の蒸発が考えられます。つまり、保湿をしてあげることで、いままで以上のぷりぷりお肌ができあがる可能性があるということです。

 

もし、顔の産毛処理をカミソリや電気シェーバーで処理しても間に合わない、剃り跡が残って青くなるぐらいの女性であれば、永久脱毛をおススメします。